なぜ選挙に行かないの? 自分が選挙に行っても変わらない?

なぜ選挙にいかないの?
ライン

投票行くのってめんどくさ〜い!

◆日曜日は遊びたい。
◆誰かが決めてくれればいいよ。
◆投票場所が遠い。
◆自分には関係ない。
◆その日は出掛ける用事があるので無理。
◆誰かのために一票入れるなんて、めんどくさい。

は?政治?何それ?

◆選挙って言ったって、誰に投票していいかわからないし。
◆政治って、俺たちに関係あるの?
◆政治とか、そういう難しいことはわからないし、別に知りたくもない。
◆ど〜でもいい。
◆選挙に行くのって、なんか真面目っぽい。
◆興味がない。

どうせ一票いれたところで何も変わらないだろ?

◆誰に投票したって何かが変わるわけじゃないだろ。
◆自分が一票入れたからって世の中が変わるとは思えない。
◆誰に投票してもいい政治を行ってくれそうにない。
◆政治に詳しいわけではないのに無責任に一票を投票出来ない。
◆投票したい人がいない。


20代、30代の若者が選挙行かない主な理由は、

「選挙に行くのがめんどくさい」
「政治がわからない・興味がない」
「自分が1票入れたところで何かが変わるとは思えない」

といったものでした。
確かに政治って、なんだか難しいし、めんどくさいですよね。私もずっとそう思って長年、選挙権を放棄してきた1人です。
でも、今日選挙について学んだことで少し考え方が変わりました。
私たち20代、30代が選挙に参加しないから、政治は(日本は)変わらないのだという事実に衝撃を受けました。

私たちに関係のある、私たちにも理解出来る政治になるようにする為には、まず私たちが選挙に参加することが重要だといわれています。
私は、今年から選挙に行くことにしました。すぐに何かが変わるわけではないでしょう。でも、何もしなければ、何かが変わることもないのです。
自分の、20代、30代の若者たちの1票が加わることで、この先日本がどう変わっていくのか、期待を込めて見届けていきたいと思います。

次のページからは、私たちが今回学んだことを紹介しています。
選挙に行かないことで損していること、今の選挙制度になるまでの歴史とは?
選挙に行かない=損?
今の選挙になるまで


ライン

メニュー

みんなで選挙に行こうのトップページ

1.なぜ選挙に行かないの?自分が選挙に行っても変わらない?

2.選挙に行かないと損する?|年代別投票率

3.今の選挙になるまで|完全普通選挙権獲得までの壮絶な道のり

4.選挙について考えてみた|20代、30代の感想